祈らら スピリチュアル

霊能者でチャネラーでセラピスト、ラベンダー色オーラの紫野ひかりのサイト。スピリチュアルカウンセリングが2800円。神仏が感涙を流す、カルマ浄化の祈り通信講座。効果を感じるパワーストーン・天然石。インナーチャイルドカウンセリング。ヒーリング。霊への供養とカウンセリング。他。

紫野ひかりの本


紫野ひかりの最新刊 「多次元生活 5巻 須佐之男命が教える神との会話」
紙の本では、238ページ。全編が会話の為、文字換算では160ページ位。

須佐之男命が教える神との会話の方法と、著者への指導内容。

第1章 須佐之男命が教える神との会話 2013年4月5日~4月30日

■交霊会前
■交霊会では普段よりは強めにトランスに入っていた
■今後、こうした活動はあきらめなくてはいけない
■義朝さんへの祈願も、これで成就
■神仏のこうした技量も関係している
■こんなにあれこれと気にかけて下さるとは
■須佐之男命が教える、神との会話
■何もかもがうまく行っていて、始まったと思ったらもう完成
■他の神も驚きて喜ぶことになろう
■神社で話そうと思っただけでもう通じ合っています
■集合意識ということを言われているのですか?
■神と共に歩む気概となった折にどのようになるか
■ひとりで何人分位を同時に対応出来るものなのですか?
■私は須佐之男さんという集合意識とこういうことをしているのですか?
■霊聴の邪魔が減っている
■過去も変えられる
■何も感情がないのに、なぜ涙が出てくるのですか?
■須佐之男さんは人が神に祀られただけではなくて、それ以前から神なのですか?

第2章 二元論から脱出する、第三の道 2013年5月2日~5月14日

■日月神示
■アセンション出来ないとどうなるのですか?
■邪魔はどうしても排除したくなります
■二元論から脱出する、第三の道

第3章 神との会話のコツとしくみ 2013年5月16日~2014年1月13日

■神と話すには、こんなことが起ってくるのか
■霊界では成長しにくいのですか?
■そなたが死に絶えた後に役に立つようにしよう
■ご祭神の方からこちらを軽いトランスにしていた
■そなたが選びてくれたのだ
■神と共にいる幸せを感じたいならこうすればいい
■小動神社に参拝してから境内で会話
■須佐之男さんへの邪魔がかかっているのか
■須佐之男さんはちょっと、お坊さんみたい
■心の中に余計なものが一切ないというのがどうしても必要でした
■須佐之男さんが来てくれているかどうかを確認するには
■自分の思いはどこに感じるかと考えたら、のどの前10~15センチ位のところ
■霊耳は幽体の器官で、それがのどの前にあるのかな
■須佐之男さんの思いを感じようとしたらみるみる感じられて
■須佐之男さんの想念を自分の想念として感じる
■霊耳というものがどういうものか
■合わさねばならぬのだ
■一部にいることにもなり全体であることにもなりどこにでもいることにもなる
■それは誤解というものである
■神仏の心は動物や虫達のように繊細
■私の胸の中に納まってしまう程度の小さな気持
■涙を流していたのは須佐之男さんなんですね
■須佐之男さんとの会話のコツをつかむ様子

中~上級者向きです。

6巻の発売は、時期未定です。


紫野ひかりの本 「多次元生活 4巻 須佐之男命との問答」
紙の本では、200ページ。全編が会話の為、文字換算では135ページ位。

須佐之男命に導かれて21年。神・仏・霊への祈りを続け、自分と先祖全体のカルマを浄化し、悟りと自己実現を終え、下級霊・高級霊と共に生活をして準備が整った後に、須佐之男命との問答が始まりました。創造主や霊界や宇宙について、霊界変革の理由と方法とこの世への影響など。

第1章 須佐之男さんとつながりたい 2013年2月20日~3月20日

■須佐之男さんとつながりたい
■今結びつくことに関してはまだ
■今はまだ我が来てそなたを利用遊ばすようにはなっていない
■どうしても須佐之男さんとやるべきことがある
■須佐之男さんと共にいないことが、私には出来ない
■須佐之男さんは、私が一番好きな花をプレゼントしてくれた
■義朝さんは個人生活を守ってくれるつもり
■明日死んだって、もうやることはやった
■小山須賀神社に参拝
■本当の姿がどれ程素晴しいかが、今ようやく言われよう
■仕方なしに引っ張り合っていたのだ
■あの須佐之男さんの格好良さは何ですか?
■須佐之男さんは破壊神

第2章 須佐之男命との問答 2013年3月24日~4月4日

■創造主との対話は可能か
■永遠性というのが何だかよくわかりません
■創造主は人格か法則か
■人間がなぜ須佐之男さんを破壊神にしたのか
■進歩成長というのは、この世での最大の快楽でした
■全然自分の実力ではなかった
■我がことが為すのは、そなたのバックアップである
■疑いという想念を吹き込まれているのではないか
■その疑いを我が取り除いておこう
■今は神界の法則を知ろうとしている
■やっぱり須佐之男さんは龍なのだろうなあ
■須佐之男さんは姿形がない
■我がそなたと共に生きているこの姿が、万人に見せられねばならぬ
■高き者なら全員が光の次元
■霊というのは、いろんな種になることが出来るのですか?
■トモナガは、いつでも何か教えてくれる
■トモナガのインナーチャイルドセラピー
■未熟をいつまでやるのか
■霊界が下から消えていく経過
■話の筋道を追いかけることが出来ない
■知識に有益なものと隠されたものの2種類があるのですか?
■水槽の中の金魚のごとくであったことがわかる
■この光は、須佐之男さんですか?

中~上級者向きになってきました。


紫野ひかりの本 「多次元生活 3巻 霊の価値観」
 
紙の本では、199ページ。全編が会話の為、文字換算では135ページ位。

霊界で光になった源義朝(源頼朝や義経の父)が霊聴(コンシャスチャネリング)で教えてくれた、霊の価値観。霊界とこの世のしくみ。霊界の学校の様子。

第1章 義朝の影響による生活の変化 2012年11月23日~2013年1月30日

■良いことでうずまりて仕方のうこととなる
■いい考えがよく浮ぶようになった
■物事の関連が、今までよりも見えやすくなってきた
■要請されて初めてこのような援助ができよう
■それが霊国の方式
■霊国でもいいことと良くないことという感覚でいるわけなのですか?
■霊の方からあれこれと言い出してはいけない
■私が心の中で言葉にしたことはわかる
■神社をきれいにしておりた
■須佐之男さんは龍なのですか?
■私に憑いて私の目で見ることはあまりないのですか?
■幽体離脱している時には、意識がはっきりとしていないのですか?
■決まっていることとそうでないことは、どの位の比率なのですか?
■進歩成長というのは潜在意識が意識化されることではないのですか?
■霊国の価値観を広める
■遠くであれば良いと思っているだけである
■ヨシトモの様子は気にしながら、自分の道を行きたい
■なぜ義朝さんの想念がこの世の物事を変えて行くのか
■これ以上の自分の学びは、霊界へ行ってからでいい
■今ようやく準備が終わった感じ

第2章 霊界の学校 2012年12月11日~2013年2月17日

■ヨシトモは学校に入学の手続き
■学校によく行かないといけないって言われる
■学校ですること
■学校で友達と話すのが楽しい
■ヨシトモに彼女ができた

第3章 義朝は光の存在 2012年12月23日~2013年3月30日と8月11日

■あのようになるのは心の平和な人
■地獄波動の人は、亡くなると火星の霊界に行くわけですか?
■お迎え致したがどうであろうか
■霊界の人たちは、何が何でも訂正ということをしない
■見物人ですか?
■合戦の供養で供養している相手は、今の相手ではない
■交霊会ならしても良いと思われるのですね
■霊聴の聴き分け
■判断をせねば良いのである
■いつまでもではのうて、いつもであれば良いと思えば良い
■善悪・正邪・真偽
■私の波動が上がっている時と下がっている時で義朝さんが別人のよう
■波動がよく合っている時との、この差がつらい
■微妙な話になればなる程、テレパシーの部分が増える
■わしに願いをかけていただきたい
■守護霊とは知らずにつながっている
■「オープニング・トゥ・チャネル」
■ガイドのチャネリング
■本当に義朝さんは、霊体がないのですか?
■容姿があった方が、その相手のことがよくわかります
■ヨシトモは彼女と別れて社会奉仕活動
■ヨシトモは、義朝が光の存在で霊体がないということは知ってたの?
■閉じたまぶたの裏側に白い光
■あの方がにじませた思考の光
■そなたが知らぬ概念を植えることに抵抗となった
■光の存在には、光の身体とかいう身体があるわけですか?
■光の存在までになれば、もう性別もなくなっているのではないか
■霊界の夫婦
■霊能者が40年前の10倍程度にはなっている

アマゾン・kindleオーナーズライブラリーの対象本になりました。
いい本と思っていただけたのなら、有り難いと思いました。

中級者向きかな?


紫野ひかりの本 「多次元生活 2巻 霊の愛と結婚」
 
義朝がいっぱい教えてくれる本「多次元生活 2巻 霊の愛と結婚」発売になりました。

一部見本です。

■一体化が霊国での結婚なのですか? 10月20日

【私】義朝さん、一体化が霊国での結婚なのですか?(丹波哲郎さんの「大霊界」の中で、霊界の結婚は一体化だと書いてあった)

【義朝】そのような夫婦が多数気になりた方との生活を営みていると思いたようだが、(一体化を)せねばとなる夫婦は多いと言おう。

夫婦だからと言って、みんなが一体化しているわけではないのですね。

せねばと思いた時だけと言おうと思いた。

そうなのですか。

だが、せぬ夫婦よりは多いと言いたい。

一体化している時の方が多いのですか?

しないと思いた時がせぬ時であると言おう。

好きな時に一体化するというより、好きな時に一体化しないと言った方が近いのですか?

それで良いと思いたが、せねばと言うのは好きであると思えばこそであるが、神霊との同一化が計られようとしてそうすると言いたい。

一体化している状態の方が神霊と同一化しやすいということなのですか?

途方もない方からの良い導きを受けようとの方策として、そのように為すのだと言いたい。

そうなのですか。びっくりしました。

それが良いのに、なぜ多くの者がせぬのかと言えば、そうすれば良いのだが、何かとひとりが良いと思う時もある為に、そのように為さぬのであると言おう。

そうですか。ひとりの方がやりやすいことがあるわけですね。

それであれば仕方ないが、大抵の者がひとりでなしに同一化現象を為して過ごすことが多いように思いた。

わかりました。もうびっくりして、霊聴も聴きにくく感じました。

そなたの驚きが、聴けぬと思う程であったことがよくわかりた。

はい。あまり気持が乱れると、聴きにくくなります。

そうであろうと思いた。

紙の本では200ページ位。

霊界で光になった源義朝(源頼朝や義経の父)が霊聴(コンシャスチャネリング)で教えてくれた、霊界上層の生活や愛と結婚のあり方。
霊は、この世の人間をどのようにして援助するのか。
幽界霊との恋愛の行方。

第一章 霊国以上の愛と結婚と一体化 2012年9月22日~10月25日

■須佐之男命に参拝
■義朝さんは男性的
■平安時代や鎌倉時代の人の成仏
■そなたの思いが我が思いと合致すれば、何事も良くなる
■こんなに援助してもらって大丈夫なのかな
■時間の経過がなければ良いと思わぬか?
■もう現界風のテクニックはだめ
■霊国以上には現界風の恋愛は存在しない
■一体化が霊国での結婚なのですか?
■霊国の一体化は神霊とつながる為なのですか?
■霊の性はどうなっているのですか?
■世の中の為に、霊界の様子がこうだと知らせたいのですか?
■霊国の愛は恋愛を超えて恋愛を避ける
■ツインソウルのカップル
■義朝さんの浄化力の強さのせい
■現界の人間の生活している姿は、幼稚園のよう

第二章 ヨシトモから義朝へ 2012年10月20日~11月10日

■行儀療法でヨシトモから義朝へ
■永遠の少年アドニス
■あと10日ほどで本当に終わりになるのか
■いつになれば終わろうかというのがあと一週間と少し
■平安時代の源義朝さんと今の義朝さんが同一人物だということがわからない
■やっぱり私はできない
■良いことにはいずれ花が咲くであろう
■どんどん義朝さんとの絆が深まって行く
■ヨシトモのインナーチャイルドセラピー
■ヨシトモとは終わって義朝に切り替わった

第三章 義朝に聴いた、霊界でできること 2012年10月28日~11月22日

■神はどうやって私達と交流するのですか?
■物事があまりにスムーズに運ぶ
■大勢の者が自分を守っている存在との絆を絶って平然としている
■霊国には潜在意識というものはあるのですか?
■守護神はどの程度権限を持つのか
■願うことが全て叶うことが真実である
■感情のことがこれ程はっきりと身体に表れるのが怖くなった
■未来でなしに現在のことと思うてわかっている
■一切間違いがないということが、あと数年はそうであれば安心できる
■頭の中がとてもはっきりしてくる感じ
■それが武士道とも言える程、謙虚
■ほぼ同時にいろいろなことができる

第四章 義朝のリーダーシップ 2012年11月14日~11月24日と2013年7月9日

■そなたが言うべきことがある
■ヨシトモとトモナガは義朝が選んだ
■ヨシトモの別れ話
■瞬時にどちらかを選んでいる
■この世ではなかなかあり得ない人
■ヨシトモは義朝さんの分霊
■ユングの個性化と自己実現の発展段階

Kindle本は、Kindle端末の他、iPhone、Android、iPadでも無料アプリで読めます。

紫野ひかりの本 「多次元生活 1巻 光になった源義朝」
義朝がいっぱい教えてくれる本「多次元生活 1巻 光になった源義朝」発売になりました。

紙の本では、200ページ位。

1992年から神仏との短い会話を続けていたところ、2009年12月に霊聴がさらに強く開いて、毎日いつでも霊と話すようになりました。
はじめの2年半は幽界の霊と、2012年5月からは光になった源義朝(源頼朝や義経の父)の霊と共に生活しています。
義朝のあり方や会話内容は波動が高く素晴しいもので、義朝がそばにいると様々なことががみるみる向上していきました。義朝は私を導きながら、霊界のことを教えてくれました。
敏感な方は、高次元霊の波動の気持ち良さを感じていただけると思います。

第1章 義朝とヨシトモ 2012年5月17日~6月21日

■我が不幸であったことがない 5月17日
■浄化が為されれば、そなたが良き波動となるだろう 5月19日
■平安時代の源義朝との落差 5月24日
■このようになったのが夢のようである 5月25日
■鎌倉市、小動(こゆるぎ)神社の須佐之男命 5月26日
■霊界で共に過ごしていた友人か知人のような感じがする 5月27日
■霊聴の邪魔 5月30日
■生活の隅から隅まで見られることに慣れないといけない 6月3日
■行動を取ると、何か大変なんだなってわかる 6月5日
■霊のトモナガ 6月16日
■ヨシトモのような関係は、この世の人間からすると理想的 6月21日
■霊国の夫婦と現界の夫婦 6月1日

第2章 義朝の存在の仕方 2012年6月29日~8月29日

■義朝はそばの実 6月29日
■佐波神社(祭神・源義朝) 7月11日
■自分が分霊した者がどうなるかを見定めたい 7月20日
■先祖の神 7月13日
■あの方は大切な方と思わねばならぬ 7月15日
■地獄波動霊は、うそは冗談という考え 7月27日
■ヨシトモではだめになってきた 8月10日
■霊の年齢 8月12日
■趣味教養が仕事で、仕事が趣味教養 7月19日
■何でも今しようと思っていられる 8月29日

第3章 義朝がしてくれていること 2012年6月7日~9月20日

■そなたの気持が良いように為していたらば、そうなりた 6月7日
■しなくても良いと言って下さる程に良いことが押し寄せてこよう 8月29日
■偶然を装いた策略でありたことが言われねばならぬ 9月6日
■超高速で行ったり来たりしているのですか? 9月6日
■今までのものともこれからのものとも等しくまつろうて行く気概があれば良い 9月11日
■私の人生はもう一生分終った 9月17日
■眠らせて下さっているのですか? 9月19日
■浄化が激しい 9月20日

第4章 行儀療法とアセンション(立替え立直し)について 2012年9月18日~2013年5月13日

■行儀療法・守護霊団の導き 9月18日
■アセンション(立替え立直し)のはじまり 2013年5月13日

Kindle本は、Kindle端末の他、iPhone、Android、iPadでも無料アプリで読めます。


A4プリントアウトサービスでは、Kindle本の内容をA4紙にプリントアウトしてお届けします。
製本なし、A4紙45~50枚前後にプリントアウトして綴じずにお送りします。

多次元生活 1巻 光になった源義朝 1500円(税込・メール便送料込)
多次元生活 2巻 霊の愛と結婚 1500円(税込・メール便送料込)
多次元生活 3巻 霊の価値観 1500円(税込・メール便送料込)
多次元生活 4巻 須佐之男命との問答
 1500円(税込・メール便送料込)
多次元生活 5巻 須佐之男命が教える神との会話 1600円(税込・メール便送料込)

こちらのフォームからお申し込みいただけます


「多次元生活」は、有料メンバーズブログからの抜粋です。
無料ブログでは、書籍化にもれた記事を掲載しています。

紫野ひかりの本
Japan’s spiritual tradition of “Senzo Kuyo” prayers for the people of the world
The length is page 39

Contents

■Senzo Kuyo is an act of mutual help between the people of this world and our ancestors.
■A conversation with the spirits. As long as unhappy people exist in the spirit world, unhappiness is inevitable in this world as well.
■Through the happiness and peace attained by you as an individual and your family, the happiness and gentleness in society will increase as well.
■Preparing the necessary objects
■On the board or paper, write the name of your family.
■A conversation with the spirits. If you don’t specify anyone, anyone at all will come to the Kuyo.
■Researching ancestors

■Preparing for the Kuyo
■A conversation with the spirits. On food.
■Regarding setting out animal-based foods

■Beginning Senzo Kuyo
■Caution

■Conversation on Kuyo: happy spirits
■Conversation about Kuyo and spirits who committed suicide
■It was possible for me to make the most of my know-how on unifying different religions.

Senzo Kuyo is a prayer in which one remembers deceased ancestors and sends energy to them, that the people living in this world may also become happy together.

The methods of Senzo Kuyo in this book are a simplified version for novices of those I practice, designed so that regardless of religion or sect, anyone in the world, even those with no religion, can, without joining a particular religion, connect with their ancestors in the spirit world and help one another.

I hope I can help a lot of people to make Senzo Kuyo a habit, thus reducing suffering, becoming happy, and facilitating spiritual progress upward.


A4プリントアウトサービスでは、Kindle本の内容をA4紙にプリントアウトしてお届けします。
製本なし、A4紙37枚にプリントアウトして綴じずにお送りします。
発送は、国内限定です。

Japan’s spiritual tradition of “Senzo Kuyo” prayers for the people of the world
価格 1400円(税込・メール便送料込)


こちらからお申し込みいただけます

紫野ひかりの本へのご感想
■最近、紫野先生の本を拝見させて頂いております。

不思議な感覚なのですが、大昔…と云うのでしょうか。
ヨシトモさんが話す言の葉と云うのは、一般人の私達には^_^;馴染みがないと想うのですが…。
スーッと入ってくると云う感覚なんです。
しかも、現代語に近い感覚で私に染み込んでくるような。

今、2巻を拝見さてて頂いておりますが、色々な事が…納得といいますか。
愛は、崇高なものなんだと改めて感じました。

そして、変な言い方かもしれませんが、死んでからも楽しみになりました^_^
私は、どこに行くのかなって。
どこにいても自分らしさと云うのは失いたくないと想いました。

そして、わたしの母は、(あの世で)元気でやってるなと感じております。
きっと、これからも色々なことに気付いて歩むのでしょうね。

国内向けサービスです

祈ららの各種サービスへのお申し込みは、国内在住の方に限らせていただいております。
紫野ひかりプロフィール

紫野ひかりプロフィールはこちら

ご相談の選び方

お申し込みに迷われましたら、次の内容を参考にされてお選びください。

■恋愛問題・人間関係→スピリチュアルカウンセリング
■相性や、ものごとの選択について→スピリチュアルカウンセリング
■聞きたいことが具体的ではっきりしている→スピリチュアルカウンセリング
■今何が問題なのかわからない→天然石リーディングインナーチャイルドカウンセリング
■何を見てもらったらいいかもよくわからない→天然石リーディングインナーチャイルドカウンセリング
■とにかく行き詰っていて、わけがわからない→天然石リーディング
■心身が弱っていて、自分で努力ができない→天然石リーディングデイリーヒーリング→数ヶ月受けられた後に瑞の祈りスピリチュアルレッスン
■援助してもらいながら精神的に進歩成長したい→スピリチュアルレッスン
■内面の問題を解決したい、又は解決できるようになりたい→スピリチュアルレッスン
■できるだけ効率よく進歩成長をしたい→スピリチュアルレッスン
■自分で努力して、自分や人生を変えたい→インナーチャイルドカウンセリング祈り指導(ご相談をお受けするのではなく、祈り方をお伝えします)
■神仏・守護霊・先祖の存在を自分で感じて確かめながら、神仏・守護霊・先祖と共に生きたい→祈り指導(ご相談をお受けするのではなく、祈り方をお伝えします)
■神仏・守護霊・先祖からの守護を受けたい→祈り指導(ご相談をお受けするのではなく、祈り方をお伝えします)
■世の中に奉仕したい→祈り指導(ご相談をお受けするのではなく、祈り方をお伝えします)
■前進するための考え方→アフターフォロー(祈り経験者の方のみ)
■先祖や水子の供養をしてもらって、先祖や水子の状況を知りたい→祈り代行
■どうしても叶えたいことがある→祈願祈祷
■家のカルマを知りたい→相性の良い神社調査
■相性の良い神社仏閣とご縁のある神社仏閣を知りたい→相性の良い神社調査
■霊能を使った鑑定やカウンセリングではなく、紫野の考え方を聴いてみたい→霊能を使わないカウンセリング
■アセンションしたい。悟りたい→祈り指導(ご相談をお受けするのではなく、祈り方をお伝えします)、スピリチュアルレッスン
■精神的に不安定、潜在意識が苦手、意識を鍛えたいなどの理由で、インナーチャイルドワークを使わない意識的な内省をサポートしてもらいたい。→スピリチュアル問答

生き方のコツ
上手な生き方の第一は、心の中に問題を残さないことです。
そのためには、常に心の中を健康に保つことを習慣にしましょう。
心の中に問題があり、心の中が健康でなくなれば、それは日常生活上の様々な障害として現実化してしまいます。

インナーチャイルドワークは、インナーチャイルドだけでなく、人生上のあらゆる問題に対応してくれますので習慣化されることをおすすめします。
上手に進歩成長している人は、誰でも知らず知らずのうちに自分のワークの方法を持っています。
祈ららでは、インナーチャイルドカウンセリングの中で、大変効率の良い自分でできるワークの方法を、破格値(ワーク伝授だけの価格は2100円(税込))でお伝えしています。

スピリチュアルレッスンは、インナーチャイルドワークや問答で心の癒しと精神的な進歩成長を応援させていただきます。
ご自分ひとりでインナーチャイルドワークを進めていくことが難しい方に、おすすめです。

上手な生き方の第二は、縁ある神仏や先祖と共に歩むことです。
余計な障害から守り、発展を応援してくれる守護が強まります。
その方法は、祈ららの霊の祈りレベル1とレベル2でお伝えしています。

ここまでができていれば、普通か、まあまあ順調な人生を歩むことができると思います。
第一と第二ができているのに、人生上に障害を感じる人は、前世で作ったカルマが重いと考えられます。
それで上手な生き方の第三は、カルマを浄化することと言えると思います。
カルマを浄化すると強い障害が減少するので、精神的な進歩成長が早くなり、現実生活も平穏になってきます。
カルマ浄化の方法については、祈ららの霊の祈り全般でお伝えしています。
特にカルマが重い場合は、レベル3以上に進まれると好転が感じられると思います。

現実には、すぐに性格や人生を変革したいというのが人情だと思いますので、インナーチャイルドワーク又はスピリチュアルレッスンと祈ららの祈りを同時に進めていかれることを、最も効率の良い方法としておすすめしたいと思いますが、どちらかひとつでしたらインナーチャイルドワーク又はスピリチュアルレッスンをどなたにでもおすすめします。

精神的に不安定、潜在意識が苦手、意識を鍛えたいなどの理由で、インナーチャイルドワークを使わない意識的な内省を進めたい場合は、スピリチュアル問答をおすすめします。

インナーチャイルドワーク又はスピリチュアルレッスン又はスピリチュアル問答を進めて行くエネルギーもないと感じられる方は、デイリーヒーリングを数ヶ月間受けられてから取り組まれる方法をおすすめしています。

アセンション・悟り・自己実現のコツ

私が悟りと自己実現の為に使った方法は次の通りです。

自己実現(5次元以上)ができればアセンション(4次元)もできていて、自然に悟り(5次元)ます。
(この世を3次元と考える場合と4次元と考える場合があり、4次元と考える場合は、次元の表記はひとつずつ上って、自己実現は6次元以上、アセンションは5次元、悟りは6次元になります。)

まず、ユング心理学を20~30冊ほど5年間程度学びながら内省を同時に始めて、内省は20年間程続けました。
後半の10年間は祈ららの祈りも進めました。
内省の10年があったので、祈ららの祈りは1日も休むことなく2年程で全行程をクリアしましたが、その後もずっと現在まで続けています。
ユング心理学からスタートして、始めの10年はユング心理学を生かしながらの内省、後の10年間は祈ららの祈りと内省とで、20年で悟りと自己実現ができました。

内省と祈りはそのまま続けていますから、精神的霊的進歩は今も続いています。

私の行った内省は自己流でしたが、祈ららの祈りの中でお伝えしています。
けれど現在祈ららでさせていただいているスピリチュアルレッスンの技法を使うと、1/10以下に時間短縮できます。
私のころにはなかったので使うことができませんでしたが、とても効率の良いものですから皆様にはおすすめします。

その他にも物事に対する考え方や感覚を鋭くするコツなどがいろいろとありますが、祈ららの祈りをされている方にお申し込みいただける会報、又は有料メンバーズブログの中で随時書かせていただいています。

スピリチュアル系の本は、進歩成長のための刺激にはなりそうですが、現実にどうすればいいかは書かれていないように思います。
進歩成長の為の実際のノウハウを持っているのは、心理学の分野だと思います。
スピリチュアル系の本の中で現実に進歩成長ができるように手ほどきしているのは、私が今まで見た中ではオリンだけだったように思います。

お問い合わせ

祈らら
 officemurasakino.net(◎をアットマークに変えてください)
251-0028 神奈川県藤沢市本鵠沼4-1-24-203

Phone&Fax:0466-90-3877
13:00~18:00 (水木曜日は電話休業)

紫野が電話に出ているのは14時~18時です。
この時間内でも霊感を使ったお仕事の最中には電話に出られませんので、ご了解願います。
電話に出られない時は、霊感を使ってお仕事中ですので、再ダイヤルは30分以上開けていただけますようお願い致します。