祈ららスピリチュアル

霊能者でチャネラーでセラピスト、紫色オーラの紫野ひかりのサイト。

, …

チック・コリアとゲイリー・バートンの『チェガ・デ・サウダージ』

約 2 分

毎日一日中、アントニオ・カルロス・ジョビンを聴いています。

今も聴きながら書いていますよ。

 

こんな演奏を見つけました。

ラテン好きのチック・コリアとゲイリー・バートンが、『チェガ・デ・サウダージ(想いあふれて)』を演奏しています。

 

何気なく聴き始めたら、すさまじいリズム感にびっくり仰天。

リズムセクションがいなくて2人だけなのに、何で!?

このリズム感を求めて、外国人の演奏ばかり聴いてしまいます。

日本人のプロとでも、大人と赤ちゃん程の差があります。

 

元々黒人のリズム感なんじゃないかと思うんですが、白人が同じようにできていることに感心してしまいます。

アジア系が、最もリズムが苦手なようで、残念ですねえ。

クラシックだと、大人と子供位に差が縮まる気がします。

 

画像は、公園で咲いていたヤブランです。

 

今日も、応援クリックをどうぞよろしく!

ランキングに参加しています。
クリックしていただくと、祈ららとこのブログを知らない人にもっと知ってもらえます。
精神世界ランキング
いつもありがとうございます。