祈ららスピリチュアル

霊能者でチャネラーでセラピスト、紫色オーラの紫野ひかりのサイト。

朝から晩まで一日中、アントニオ・カルロス・ジョビン

約 3 分

アントニオ・カルロス・ジョビンをずっと聴いています。
実は、ジョアン・ジルベルトとよく区別できていなかったのですが、今回ようやくたくさん聴いて、ジョアン・ジルベルトは歌手だということがわかりました。
若いころの容姿も似ているので、アントニオ・カルロス・ジョビンをジョアン・ジルベルトだと思っていたのでした。

 

祈らら天然石ショップ

月29日、新着!

 

 

 

祈ららスピリチュアルのお知らせ

月1日18時より、スピリチュアルカウンセリングの料金を
3080円(税込)→3300円(税込)に変更させていただきます。

大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ボサノバの創始者

今は一日中、アントニオ・カルロス・ジョビンを聴きっぱなしです。
うーん、ボサノバはいいなあ~。
もしや、モーツァルトの次に好きな作曲家はこの人だったりするかも?

 

しばらくはジョアン・ジルベルトでこの曲いいなあと思って、毎日聴いていました。

最初のボサノバソング、Chega De Saudade(想いあふれて)。

2枚目のツーショットで、右がアントニオ・カルロス・ジョビン、左がジョアン・ジルベルトです。

 

それから作曲者本人の歌も聴いてみたら、温かみがあっていい感じ。

Chega De Saudade(想いあふれて)。

 

本人がピアノで演奏するときには、ほとんど大体アドリブが入ることを知って、びっくり。
そのアドリブも、純粋で素朴な感じでいい~。
Chega De Saudade(想いあふれて)。

 

ちなみに、アントニオ・カルロス・ジョビンの他の曲は、こんな感じです。

ジョアン・ジルベルト、アストラッド・ジルベルト、スタン・ゲッツ(サックス)で、イバネマの娘。

 

波。

 

私が一番好きなのは、「想いあふれて」とこの曲です。

ジョアン・ジルベルトの歌で、デザフィナード。写真は、アントニオ・カルロス・ジョビンです。

 

アントニオ・カルロス・ジョビンのピアノでアドリブ入りの、デザフィナード。

 

トップの画像は、公園で咲いていたバラです。

 

今日も、応援クリックをどうぞよろしく!

ランキングに参加しています。
クリックしていただくと、祈ららとこのブログを知らない人にもっと知ってもらえます。
いつもありがとうございます。